マンションの売却にかかる費用

マンションの売却には費用がかかります。
販売した金額が手元に入るだけという事ではなく不動産会社へ支払う手数料や契約に関する費用を支払う必要があります。
一番金額が高いとされているのが不動産会社へ支払う仲介手数料です。
マンション 売却 実勢価格売却した金額の3.15パーセントに6.3万円がプラスした金額が上限とされています。
売却価格が高ければそれだけ、仲介手数料は高くなります。
4000万円の物件を売却した場合、大体132万円程度の仲介手数料となります。
その他には契約書に貼る印紙代が4000万円の売却ですと、1万5千円分を貼らなくてはいけません。
売却をして利益が出た場合、住民税や所得税などもお忘れなく。
抵当権に入っている場合は抵当権の抹消費用などもかかります。
最近では仲介手数料が無料になる場合や半額になるような不動産会社もあります。
そのような場合、不動産会社は売り主からは仲介手数料をもらわず、買い主から上限ギリギリの仲介手数料をもらっていると考えてよいでしょう。
仲介手数料の支払い方法は、契約時や決算時が多くなります。
一般的に仲介手数用の値引きはしていないという不動産業者が多いようですが、数億円などと、高額な物件の場合、交渉次第で、買い主側からの仲介手数料のみでも動いてくれる不動産会社もあります。
仲介手数料が高すぎると判断した場合は、契約の前に値引きができるか確認してみることも良いでしょう。
現在手元に現金がない場合は売買契約が完了してからの決済時でも良いか事前に確認しておきましょう。